読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

appreciation of the sun

雑記ブログ

今日に敗れた全ての人に捧ぐ歌

今日生まれる人もいれば今日人生を終える人もいる。
今日が人生で最良の日の人もいれば最悪の一日を迎えている人もいる。
何かに勝利した人もいれば敗れた人もいる。

そんなことを思い、日本のどこかで今日悔しくも敗れた全ての人に向けて、その勇気を讃える歌を2つ考えました。

 


ゆくりなく ひとり結ぶも あぢきなし
   桜はまだし 春に咲かなむ

突然、ひとりでに実を結ぶのもつまらない。桜はまだ時期が早い。春に咲いてほしい。
という訳されることを意図しました。

今は冬なんだから、今桜が急に咲いたらおかしいだろう。春に咲いてくれればいいから。
という思いを込めた歌です。

正直後半の七七だけ思いついて満足し、五七五は後づけなので、おかしな部分もあるかと思いますがそこは妥協しました。



はかなくも 敗れし我に 明日あり
   つたなき今日も いとほしきかな

残念ながら負けてしまった私にも明日がある。拙い(不運な)今日もいとしいじゃないか。
という感じです。

こちらの歌は基本的に現代語で詠みました。
今日の失敗や不運をおもしろがるくらいの心持ちで明日以降に切り替えてほしいという意図です。



古文の単語帳を傍らに考えました。おそらく古語の意味や文法に誤りはあろうかと思いますが、
そんなエラーも人間味があってかえって良いとして容赦願います。



ありがとうございました。2015-12-11

広告を非表示にする