appreciation of the sun

雑記ブログ

空仰ぐ 遮るものは 何も無し

家までの帰り道が基本的に上り坂です。
登り坂では、前を向いていると上も向いています。
一日の終わりに上を向いて終われることは幸運なことかもしれないと気づきました。

 
家の直前でさらに急になります。
見える空が大きくなります。

最近、家の前で立ち止まって空を見上げてから入るようにしています。
15秒くらいですが、立ち止まり、深く息を吐いて、空を仰ぎます。
空に向けて我流の十字を切ることもあります。

特別何かを考えているわけでも祈っているわけでもないですが、
何かいい影響があるかもしれないと思っています。


その時の私はさながら主人公です。
近所の人には見られたくありません。


ありがとうございました。2015-12-16

広告を非表示にする