appreciation of the sun

雑記ブログ

ブログを書くということ

このブログを始めて30日目を迎えました。

1日1エントリー、これで30番目の投稿です。
アメブロからはてなブログに移行してからはまだ2日目ですが、
当初掲げていた30日間連続で投稿するという目標を達成しました。
今日はここまでブログを書いてきて感じたことを書きます。

自分の文章が人にポジティブな影響をもたらすことは到底期待できないのですが、
毎日文章を書くことは、書き手としてはメリットがあります。

1 アウトプット

文章を書くことは、一つのアウトプットです。
一本書くだけでも大変ですが、それを毎日やることはなかなかにタフです。
ブログエントリーを一つ書くためには、一つの原始的なアイデアだけでは足りず、それを文章に展開する必要があります。
書き始めは単純な発想でも、書いていく中で考えることになります。
ただアイデアを保有しておくだけでは得られないことが、書くことにより導かれます。

2 インプット

日々、そこそこのアウトプットを実現するためには、必然的にインプット量も増加します。
毎日書くためには、既存のインプットだけでは間に合いません。
一つのエントリーを書くのに、検索して調べたり、辞書を引いたりすることもあります。
新しく知ることがあったり、新たな着想を得たりします。

3 自己の客観視

頭から終わりまで一回も詰まることなく書けることはまずありません。
書いている途中に何度も全体を見ることになりますし、書き終わった後も一通り見直します。
考えたことや思ったことが、文章という外から見える形になることで、自分の内面を客観的に見つめられるようになります。
この時こんなことを思っていたのかと、あとから書いた記事を振り返ることも、そのうちあると思います。

4 締め切り効果

1日1本書くことは、すなわち毎日締切を迎えることになります。
「締め切り効果」が社会的に共有されている言葉かはわかりませんが、
締切に間に合わせるための、焦りを原動力とした作業の効率性は、誰もが経験を通じ認識していると思います。
思いついたから書くのではなく、書くために考えるので、気の向いたときに書く場合では締切効果は得られません。
毎日書いているからこそ、締切効果が生じ、それをアウトプットに振り向けることができます。

5 日本語の向上

文章を書くことは、日本語と向き合うことになります。
私は日本語がたいへん好きなので、誤字や誤用には気を付けています。
正しい日本語、美しい日本語を意識しながら文章を書く機会が毎日あるのは、おそらく日本語を司る能力の向上に役立つと思います。

6 見える世界が輝く

毎日、今日は何書こうかなと思いながら過ごします。
私の場合は、ブログを書くにおいて「ポジティブ」という軸を据えているので、
ネタ探しをしている状態が、ポジティブを目に入れようとするか、目に入ったものをポジティブに捉えている状態になります。




可能であれば、やはり人のためになる文章を書きたいですが、
とりあえずは、ブログを書くことを通じて、自分が何か得られたら上々ということにします。



ありがとうございました。2015-12-24

広告を非表示にする