読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

appreciation of the sun

雑記ブログ

五郎丸スターシステムを選んだラグビー報道

2015年のスポーツのハイライトといえば、何と言っても、ラグビーW杯 南アフリカ戦、最終盤に、マフィー選手からボールを受けたヘスケス選手がトライを決め、歴史的勝利を最も劇的な形で実現したこの瞬間でしょう。

次いでサモア、米国にも勝利し、W杯3勝の快挙は、日本中を席巻しました。

しかし、ラグビー日本チームが生んだ熱狂が、「五郎丸ブーム」に落ち着きつつあることに疑問があります。

f:id:sol-tokiota:20160215174707j:plain



初戦で強豪南アフリカを倒す「ジャイアントキリング」を果たし、日本代表は日本中の注目をがっと集めることになりました。

続くスコットランド戦には敗れましたが、その後サモア、米国に勝利し、南アフリカ戦がまぐれではなかったことを証明しました。


南アフリカ戦ではまだ注目されていなかったので、日本国民の注目を背負って臨んだサモア戦の方が緊張し、この勝利がより重要だった。五郎丸選手がテレビで話していました。




日本にラグビーが根付くかどうか、それとも一過性のブームに終わるか、今が分水嶺です。

女子サッカーで日本がW杯を制した後、宮間選手は「女子サッカーを文化にしたい」と語りました。

W杯後はなでしこリーグの観客数が急増などと報じられていましたが、日本国内でメジャーな位置に収まったかといえば、全くそうは言えません。



ラグビーがブームで終わるか、文化として定着するか考えたときに、テレビでの取り上げられ方に疑問が生じます。

五郎丸選手のスターシステムを採ってしまったことが正しかったのか、考えた方がいいと思います。


五郎丸選手のアスリートとしての思考や姿勢が、あの快挙に値する尊敬すべきものであることは確かです。
五郎丸選手のキックがチームの勝利に大きく貢献したこと、その陰にあのルーティンがあったことも事実です。



しかし、キックが日本の勝利に重要だったから、その精度を生んだルーティンを掘り下げようということではなく、
あの特徴的なルーティンが目を引くからという理由で、コンテンツとして利用されているように見えます。

たとえば、普通のキックと五郎丸選手のキックでは何が違うのか、テレビ以外でラグビーの情報がない私は、五郎丸選手が何に秀でているのかわかりません。


やはりラグビーの醍醐味はキックではないと思いますし、
もっとラグビーのスポーツとしての魅力が伝わるような放送がなされるべきだったのではないかと思います。



南アフリカ戦でトライを決めましたし、スコットランド戦では印象的なタックルがありましたし、大会を通じて山ほどキックを沈めましたが、
これほどメディアの扱いに差が出るほど、五郎丸選手が選手として傑出していたとは思いません。

この偉業はまさにチームでの達成であるのに、ここまで一人の選手を突出して取り上げることにはやはり理解が追いつきません。


特徴的なキック前の動作、珍しい苗字、選手としての華などからスターとして祭り上げられた感が拭えません。


五郎丸選手は日本のラグビー界を一身に背負う覚悟をもっていると思いますし、一人を前面に出すならやはり五郎丸選手がふさわしいとは思いますが、そもそも一人だけを過剰に報じることが適当でありません。



テレビは、安直に視聴者に受けるところを取り上げることに拘泥してしまっていた気がします。
田中選手の家族は幾度となく見ました。

ラグビーを一コンテンツとして消費してしまっている印象が否めません。
単純にテレビが稼ぐことだけを考えれば、この放送の仕方が最善だったかもしれませんが、
ラグビーというスポーツへのリスペクトが欠けている気がします。

長期的視座からみると、ラグビー界にとってはかえってネガティブなインパクトを与えるかもしれません。


スターシステムを採用して報じることで、スポーツがかえって人気を失ってしまうことを懸念します。

フィギュアスケートも、浅田真央選手がキャリアの晩年を迎えており、浅田選手の引退後も今のフィギュアスケートの人気が持続するかはわかりません。



W杯以降のラグビーに係る放送について、いくらか擁護したいと思います。

選手自身がW杯を振り返った番組もありましたし、チームでタックルに低く入るように意識した、南アフリカ戦のヘスケス選手のトライの前のマフィ選手が相手選手を手で制したのが効いていた
など戦術、技術的側面も報じられていました。

その一方で、お笑い番組や歌番組のゲストとして出演させたことも、ラグビーへの親しみを向上させるのに貢献しました。

そもそもこれほどの注目が予想できなかったから、試合までの映像資料が不足していて、ドキュメンタリー調の番組作りには限界がありました。



今日はメディアにおけるスポーツの取り上げ方について考えました。
テレビの公共性を思うと、テレビには、自身の収益性ばかりを追求した場合の弊害を考慮に入れて放送してほしいと思いました。



ありがとうございました。2015-12-29

広告を非表示にする