読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

appreciation of the sun

雑記ブログ

結局紙に回帰した話

ここ何年かは次第にPC上に何でも記録するようにしていました。

数年前にPCが壊れて全データを失った後も、健気に一からまたOneNoteExcelに記録していました。

新年を機に、逆になんでも書くようにしました。

 

最近ノートを6冊新たに作りました。

これでも足りないので、明日10冊まとめて買う予定です。

ボールペンは3本買いました。

 

色んなアイデアを書いていきます。

まず「底」というタイトルのノートに思いついたことを書きます。

それぞれのアイデアを他のふさわしいノートに書いていきます。

記録するのが好きなので、日付を振って管理します。

 

総量が把握できる

手で書きたい

データを失わない

というメリットがあります。

 

 

PC上だと物理的にデータの数量が把握しづらいです。

ページ数、文字数、データ量などではわかりづらく、

その点で紙媒体が秀でます。

 

 

ここ一年くらいはほぼ物を書く機会がなかったですが、

年末年始に書道をしたりして、

実際に書くことの喜びを確認しました。

 

 

せっかく考えたアイデアを失ってしまうのは惜しいことです。

クラウド等でデータの喪失は以前より回避できるとは思いますが、

保存前のデータが失われることは依然起こります。

 

秋元康さんはメモしないという話をテレビで見たか本で読みました。

ちょっと経って心に残りすらしないアイデアは大したアイデアではないという考えです。

なるほどと思いましたが、私はやはり記録したいです。

 

 

紙媒体だと、やはり記録するスピードは劣ります。

短期記憶がいくらか悪いので、記録するまでに忘れてしまうこともしばしばあります。

 

形あるものとして残せるのが最大の良さだと思います。

 

 

ありがとうございました。2016-01-05

広告を非表示にする