appreciation of the sun

雑記ブログ

無力と孤独

今日でブログを開設して50日目を迎えました。

開設以来50日間連続で毎日一本エントリーを書き続けてきました。

 

その結果わかったことは、自分の無力さです。

 

 

ブログを設けて一方的に発信しているつもりになっていても、

インターネット上に氾濫する無数の情報の波に埋もれ、

誰の目に触れることもありません。

 

 

日々いろいろ考えますし、それをまとまった文章に起こすことは思考の整理にもなるので、私個人には一定の果実がありました。

 

一応読者がいることを想定して書いている点で異なるのですが、

結果的には壁に話かけているのと変わりません。

 

 

私のような無力が社会的に影響を持つためには、

爪楊枝をじゃがりこに入れたり、

有名人の顧客情報を公開したり、

ネガティブなベクトル以外にないのかもしれません。

 

 

社会に+1を築くことは難しいですが、-100を与えることは容易です。

家を一人で建てることは不可能ですが、焼失させることはライター一つでできてしまいます。

 

犯罪を犯した人の中には、衆目を集めるためにやったという人もいるでしょうが、

彼らは自分の存在を社会に対する影響の絶対値で測り、それがプラスかマイナスかは考慮していないのだと思います。

器物を破壊したり秩序を乱すことでしか自分の存在を確認できないのは残念なことです。

 

 

やはりポジティブな方向に影響力を獲得したいので、

地道に力をつけていこうと思いました。

まずは独力を養い、無力を脱せば、人も集まるだろうし、自分から人を巻き込んでいけると思います。

 

具体的に何をすればいいのか明確な解決策は見えませんが、

とりあえず何であれ眼前のことに打ち込めばいいのかなと思います。

 

 

私がここにいることを知っているのは地上に私しかいないのではないか、

というくらいの、圧倒的な無力と孤独の中にいますが、

 今私が見えていない人に、これからサムシング・ポジティブを与えていきたいです。

 

 

 

ありがとうございました。2016-01-13

広告を非表示にする