appreciation of the sun

雑記ブログ

大相撲初場所12日目 琴奨菊-日馬富士


今日も立ち合いで左を差した琴奨菊は、そこから「がぶり」で横綱を土俵際に追い詰め、粘る横綱を突き落としで制しました。


これで横綱戦三連勝、大関稀勢の里にも勝っており、照ノ富士が休場のため、残る横綱大関は、既に負け越しを決めている豪栄道のみとなりました。


残りの3番は、明日13日目が豊ノ島と発表されています。
その後は、関脇・栃煌山大関豪栄道と思われます。


栃煌山は5勝7敗、明日は豪栄道との一番です。勝ち越しの可能性を残して当たるかどうかで、栃煌山にかかる精神的な負担が変わってくるので、明日の栃煌山-豪栄道も注目です。


これから琴奨菊と当たる力士は本当に取りにくいと思います。
10年ぶりの日本出身力士の優勝の期待を一身に背負う琴奨菊相手に、手を抜くことはしないと思いますが、特別なプレッシャーがありそうです。


優勝争いは、可能性の上では三敗力士にもあると思いますが、実質的には
全勝の琴奨菊、一敗の白鵬、二敗の日馬富士豊ノ島に絞られました。


優勝を争う白鵬は、明日が鶴竜、明後日が稀勢の里、千秋楽が日馬富士と見られます。
琴奨菊が破れない限り自力での優勝はなく、白鵬に次ぐ強さを持つ三力士を相手に、無敗で終えなくてはなりません。



日本に帰化して優勝した旭天鵬を除き、10年ぶりの日本人力士の優勝が現実味を帯びてきました。


ありがとうございました。2016-01-21

広告を非表示にする