appreciation of the sun

雑記ブログ

「10年ぶりの日本出身力士の優勝」という表現について

昨日千秋楽を迎えた大相撲初場所で、大関琴奨菊が日本出身力士としては10年ぶりの幕内優勝を果たしました。

 

 

この「日本出身力士10年ぶりの優勝」というのが、中盤以降の今場所を一層盛り上げ、この優勝により大きな注目を与えたのは事実でしょうが、

一方で、この表現に対して批判を加える人もいます。

 

 

f:id:sol-tokiota:20160125153139p:plain

 

この画像は、NHKのニュース映像(大相撲初場所 大関・琴奨菊が初優勝 NHKニュース)ですが、

このようにあらゆる媒体で「日本出身力士 10年ぶり」という表現が抱き合わされて報じられました。

 

 

私は特に違和感を覚えませんでしたが、引っ掛かる人がいることは理解できます。

 

今日は、この表現や報道について考えてみます。

 

 

冒頭に断っておきますが、「日本人力士」ではなく「日本出身力士」であるのは、昨年で引退したモンゴル出身の旭天鵬が日本への帰化後に優勝しているからです。

琴欧州も優勝した後ですが日本国籍を取得しています。

 

 

 

琴奨菊の初優勝」>「10年ぶりの日本出身力士の優勝」

中日を全勝で折り返したのは琴奨菊関と白鵬関だけでした。

このあたりから、琴奨菊関に優勝の期待がかかり始めたと思います。

 

しかし、千秋楽の取組前の時点で、琴奨菊関のほかに、モンゴル人の白鵬関と、日本人の豊ノ島関にも優勝の可能性がありました。

 

 

単に国籍で優勝が期待されたのではなく、琴奨菊関が今場所いい相撲をとっており、かつ白星もついてきていたからこその期待だったと思います。

 

優勝にふさわしい確かな強さを見せていた大関に優勝を期待したのであり、日本人力士10年ぶりというのは、この優勝の価値の一要素に過ぎないと思います。

 

今回の報道は、「日本出身力士10年ぶりの優勝」ではなく、「琴奨菊初優勝、日本出身力士として10年ぶり」であり、この順序が倒錯していたとも思いません。

 

 

意味が一枚乗った優勝

昨年鶴竜関が横綱に昇進してから初めて優勝しましたが、優勝決定戦で照ノ富士関を破った時は、素直にめでたいと思いました。

相撲ファンなら同じ心境だったと思います。言うまでもなく鶴竜関はモンゴル人ですが、それゆえに祝福されないことはありません。

 

昨年の鶴竜関の優勝は「自身の横綱昇進後初の優勝」でしたが、他にも、昨年の照ノ富士関の初優勝は「平成生まれ初の優勝」でした。

 

白鵬関の優勝においても、ずっと幕内最高優勝の歴代記録の中で語られてきましたし、これからの優勝は全て歴代最多を更新することになります。

 

このように特別な意味が一枚乗った優勝と同じように、今回は「日本出身力士10年ぶりの優勝」だったと考えてほしいと思います。

 

今回の盛り上がりはやはり特殊ですが、単にナショナリズムの発現ではないと思います。

 

 

多様性を認めているからこそ

米国のオバマ大統領は「黒人初の大統領」ですし、ヒラリー・クリントン氏も「女性初の大統領」として期待されています。

黒人と白人、男性と女性、どちらも多くいるにも関わらず、一方がある地位を独占することへの違和感からその打破が強調されるのであり、他方への排他性を刺激するものではないと思います。

 

同様に、今回の報道は、大相撲には日本人も外国人もいるにもかかわらず一方しか優勝できないという特殊な状況の終わりが印象的に捉えられているに過ぎないと思います。

 

土俵はあらゆる国籍に開かれているので、

もし逆にここから日本人力士が優勝を独占するようになれば外国人力士の優勝は感慨深く受け入れられるでしょうし、

もし白鵬関が優勝から遠ざかれば、優勝した時にはその復活が祝福されると思います。

もし大砂嵐関が優勝したり大関に昇進すれば、エジプト人初やアフリカ出身初といわれると思います。

 

 

白鵬らの強さの再確認

日本出身力士の10年ぶりの優勝は、翻って最近の外国出身力士の強さを確認することにもなりました。

 

前回の日本出身力士の優勝から今場所まで、八百長問題で中止された場所を除き、10年間で59場所ありましたが、それらをすべて外国出身力士が独占してきました。

うち35勝が白鵬関です。

 

外国人力士の優勝が当然になっていたなか、今回の琴奨菊関の優勝は、その強さを改めて確認する、象徴的な出来事だったと思います。

 

決して日本人の優勝はいい優勝で、外国人の優勝は悪い優勝ということではありません。

 

 

白鵬への同情

白鵬関の立場に立つと気の毒にも思います。

自分の優勝はこれほどの祝福を受けていませんし、今場所においても琴奨菊と優勝争いを演じるなか、相手ばかりが優勝を期待されました。

 

圧倒的な強さを誇り、毎場所の優勝争いが当然の大横綱にとっての宿命といえばしょうがないですが、思うところはあったかもしれません。

 

白鵬関の立場を鑑みて同情するとともに、

10年間ずっと大相撲を支えてきた横綱の偉大さを確認しました。

 

 

全力士への同情

特定の力士への優勝の期待は、国技館の空気を特殊なものに変えました。

優勝を期待された琴奨菊関だけでなく、優勝争いを演じた白鵬関、日馬富士関、豊ノ島関、そしてそれらの対戦相手になった力士、あらゆる力士にとってやりづらい空気だったと思います。

 

 

最後に

この表現や、この表現による報道の根にあるのは決して誰かへの敵意ではなく、全ての力士への敬意を欠いたものではないと思います。

 

全体として、この表現についての是非を下すことはできないのですが、悪意のあるものではないと思うので、誰も気を悪くしないでほしいと願っています。

 

 

ありがとうございました。