読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

appreciation of the sun

雑記ブログ

私のセリーグ順位予想2016

野球 #私の

新シーズンの開幕まで1カ月。2016年シーズンのプロ野球セ・リーグの順位を予想します。

 

f:id:sol-tokiota:20160215175330j:plain

 

ざっくりと2015年シーズンのNPBを振り返ると、

・柳田選手と山田選手のトリプルスリー

・大谷投手の投手三冠

・ホークスが圧倒的な強さで日本一

・全チーム勝率5割割れの「混セ」

セリーグの監督が若返り

 

今の時代を代表する選手になるであろう複数の選手が大活躍したシーズンでした。

外国人選手が本塁打など例年ほど振るわなかったと同時に、日本人選手の活躍が目立った印象があります。

 


 

今年はどんなシーズンになるのでしょうか。セリーグの順位を予想しました。

 

1 巨人 2 ヤクルト 3 横浜 4 阪神 5 広島 6 中日

 

と予想します。

 

 

1位 巨人

<今シーズンの展望>

巨人を応援していることによる希望的観測でしかありませんが、巨人の優勝を予想します。

昨シーズン、投手陣を除いて、ほとんど何もポジティブな要素がありませんでしたが、それでも最後まで優勝争いを演じ、1.5ゲーム差の2位でシーズンを終えました。

 

長野、坂本、阿部、村田、内海、杉内、山口、誰か一人が復活するだけで優勝できたチームです。

全員が全員ことごとく振るわなかった打撃陣から誰かしら出てきてくれればチームは大きく上昇します。

長野選手に期待しています。

 

外国人打者にほとんど頼らずこの成績なので、新加入の外国人選手が活躍した分だけチームの力が向上します。

ギャレット選手は、左の大砲という巨人にとってドンピシャの補強です。

 

阿部選手の捕手復帰により、捕手の打撃力というここ10年の巨人の大きな強みがよみがえる一方で、故障が心配です。

 

マイコラス投手の残留も好材料です。

投手陣の充実だけをもっても、優勝争いの中心に立つのは間違いないと思います。

 

<昨シーズンとの違い>

高橋由伸さんが新監督になりました。

ロッテからルイス・クルーズ選手を獲得。西武から脇谷選手が復帰。内野の層が厚くなりました。

ファーストに転向した阿部選手が再びキャッチャーとしてプレーします。

高橋由伸選手と井端選手が引退して指導陣に加わったことで、ベンチの層が薄くなりました。

メジャー122本塁打のギャレット・ジョーンズ選手が加入しました。

 

 

2位 ヤクルト

<今シーズンの展望>

昨年優勝したヤクルトは、やはり優勝争いのプレーヤーとして挙げざるを得ませんが、

混セをハナ差で制したこのチームが優勝するためには、昨シーズンの完成度を維持できなければなりません。

 

山田選手がホームラン王、畠山選手が打点王、川端選手が首位打者と打撃三部門を人球団で独占した昨季の打撃成績を維持することは難しいと見ます。

他チームがヤクルト打倒を目指すことからも、連覇は難しいと予想します。

 

投手陣の改善も優勝の大きな要因だったので、守護神バーネット投手の退団はそこそこ響くと思います。

 

<昨シーズンとの違い>

クローザーとして大活躍したバーネット投手が米国に渡りました。

昨季怪我により出場機会が少なかったバレンティン選手が戦列に復帰すると見られます。

オリックスから坂口選手が加入しました。

 

 

 

3位 横浜

<今シーズンの展望>

「プレミア12」でも活躍した四番の筒香選手は、毎シーズン成績を上げてきていますが、さらに上がるのではないかと思います。今シーズンを通じ、日本を代表する打者としてさらに格を上げる、底知れぬ期待を持っています。

 

巨ヤ以外の4球団が、2-6位でどう並んでも不思議ではないので、あえて横浜を3位に据えてみました。

ラミレス新監督がはまる気がしています。

 

昨季は前半を首位で折り返しましたし、Aクラス入りがありえない球団ではないと思います。

 

高城選手がブレイクしないかな、と淡く期待しています。

 

<昨シーズンとの違い>

中畑監督の後任に、アレックス・ラミレス新監督を迎えました。

バルディリス選手が退団しました。

 

 

 

4位 阪神

<今シーズンの展望>

一番予想がつかない球団です。

金本監督が大きく当たるか大きく外れるか、どちらの可能性も見えてわかりません。

 

昨季は優勝争いに終盤まで絡んでいましたし、他の順位を予想してから消去法的に4位と予想しました。

 

藤浪投手は沢村賞レベルの活躍をすると期待しますし、そう信じています。

藤浪選手以外の若手が育っていない印象があります。

そもそも今のこの見立てが間違っているかもしれませんが、選手層が薄いのではないかと思います。

 

<昨シーズンとの違い>

阪神で活躍した大スター、金本知憲さんを新監督を迎えました。トレーニング面など、チームの改革に乗り出しているとのことです。監督の求心力があるのは好材料です。

マートン選手、呉昇桓投手が退団しました。

藤川球児投手が米国から復帰しました。

 

 

5位 広島

<今シーズンの展望>

黒田投手の現役続行が決まり、NPB復帰2シーズン目を迎えます。

 

前田投手の穴を埋めるだけでなく、さらに上がり目があって初めてAクラスに入れると思いますが、前田投手のカバーすらできないと見ています。

 

丸選手と菊池選手の成績がいくらか上がり、エルドレッド選手がシーズンを通して戦えれば、昨季より攻撃力がぐっと向上するでしょうが、なおも投手陣で苦しむと思います。

 

<昨シーズンとの違い>

エース・前田投手がドジャースに移籍しました。

中日からルナ選手を獲得しました。

木村選手がFAで退団しました。

 

 

6位 中日

<今シーズンの展望>

昨季のベテランの相次ぐ引退で、チームが中から大きく変わる球団です。

その一年目なので、世代交代がうまくいかないのではないか、という雑な予想です。

 

メジャー経験のあるビシエド選手を獲得しました。

吉見投手の復活も求められます。

 

1つ2つ好材料があったところで上位には食い込めないと思います。

最下位はないかなとも思うのですが、昨年最下位に予想したもののm横浜の急落で5位になったので、リベンジの意味も込めて6位予想です。

 

<昨シーズンとの違い>

谷繁監督の専任監督になりました。新人監督が多い中、セリーグで最も経験がある監督です。

山本昌投手と和田選手、小笠原選手が引退し、ベテラン揃いのチームがぐっと若返りました。

 

 

 


 

1位巨人、2位ヤクルト、3位横浜、4位阪神、5位広島、6位中日

 

期待が多分に含まれていますが、今年のプロ野球がどうなるか楽しみに予想しました。

今年も素晴らしいシーズンになることを期待しています。

 

 

 ありがとうございました。2016-02-13

 

 

広告を非表示にする